プロフィール

紙cafe

Author:紙cafe
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出張! ORCAさん

cafeでは倉敷意匠さんの雑貨商品をいくつか販売しております。

倉敷意匠計画室」と「倉敷意匠分室」は、今も手仕事の伝統が残る倉敷を拠点に活動する雑貨メーカーのブランドネーム。

これが商品の一部です。

0526_01.jpg

とても洗練されていて、なのにどこか懐かしい、関美穂子さんのグッズです。

倉敷意匠さんの製品は全て MADE IN JAPAN。もの雑貨も並々ならぬこだわりを感じさせる品物ばかり。
伝統的な職人の手仕事と最先端のアーティストのセンスを実に良い「さじ加減」でコーディネートして私たちにすてきな雑貨を提供し続けてくれています。

0526_02.jpg

そんな倉敷意匠さんの商品を「cafe」で扱えているのは、ひとえに親会社ホウユウ株式会社の”お隣さん”『ORCA』さんのおかげです。
こちらのORCAさん、全国でも珍しい「倉敷意匠専門店」なんです。cafeはORCAさんを通して倉敷意匠商品を仕入れている、いわばORCA山之口商店街出張所みたいな隠れた役目も持っています。
そのORCA店長さんが、ついにcafeに来てくれます!

さ来週6月4日の月曜日、午後2時~5時までの3時間、商品の販売と説明を直に行っていただきます。その日はいつもは置いていないような商品も沢山準備する予定です。
商品への熱い思い、一つ一つのこだわりを聞けば、ついつい買ってしまいたくなる危険トークをお聞きになりたい「倉敷意匠」ファンの方はぜひお越しください!


スポンサーサイト

ハグルマ封筒さんのこと

本日はcafeに並べてある封筒のメーカー、ハグルマ封筒さんのお話をします。

創業なんと1918年。94年続く由緒ある封筒メーカーで、2000種類を超えるオリジナル封筒を扱う老舗企業さん。何より素材にこだわった質の良い封筒・センスの良い封筒が特徴的な会社です。
2011年に本社・工場をを堺に移転されました。つまり、ハグルマさんの封筒は現在「Made in Sakai」の封筒ということになります。
cafeで扱っているのはハグルマさんが漉きを特注している「コットン」というを使った洋2封筒。
このコットンという、手触りがその名の通りに柔らかくて、上品な光沢を持っています。このを使っているだけで、ちょっと特別な気分になれます。
紙cafeでは特に色合いのきれいな、鮮やかな物をチョイスして置いています。

0525_02.jpg

0525_01.jpg

ダイヤ封筒は一重と二重のものがありますが、裏貼りしている二重封筒のものは、ため息の出る美しさ。すべて職人さんの手作業で作られているそうです。
haguruma.jpg
フォーマルなときに使う二重封筒ですが、こんなきれいな封筒なら、いつでも使ってみたくなりますね。

大事な方へのお便りにぜひ使ってください。

紙の見本帳

cafe 店内には、見本帳がおいてあります。(非売品ですが)

いろいろなの種類や手触り・風合い、を直に感じていただきたいからです。

例えばこれはcafeでも販売している「里(さとがみ)」という見本帳

0517_01.jpg

1種類の紙だけの見本帳ですが、これだけの数があります。
さらに厚みの種類がいくつかあって、このボリュームになるんです。

この里紙、手触りや見た目が和紙っぽいのですが、の名前も和風です。

例えば、
こうぞりんどうびわうすあいたけうこんあやめ などなど・・・

読んでるだけでドキドキしてきませんか?(私はします!)


紙の見本帳はお店の左側にこんな風に並べています。

0517_02.jpg


実物はぜひお店にお越しになった際にご覧下さいね。

うわさの「アノ」方・・・

皆さん阪堺線カオナシ」さんってご存じですか?

ブログ担当Yは勉強不足で存じ上げなかったのですが、
店長Mはさすがに知ってました!

なんでも廃線か存続かの瀬戸際だった阪堺線 堺区間を救わんと立ち上がった方が、
完全手弁当でカオナシコスプレをして、
沿線のあちこちに出没されては話題を振りまいておられるとか・・・
すみません、そんなすごい方を存じ上げなかったとは・・・

そんな阪堺線カオナシさんが18日の午後3時から5時まで当「cafe」にご来店(いえ、出没?)下さるそうです。

伝説のカオナシさんに逢いたい方は、ぜひ当日「cafe」へどうぞ!

0514_05.jpg

最近、売れている物

紙cafe店内には、こんな立体MAPを設置しています。
0514_01.jpg

名前は「ご近所周遊 ジオラMAP
「ふじわらなおこ」さんのイラストを立体的に配置してご近所の見所をご案内しています。
「かわいい!」とお客様にも好評です。
0514_02.jpg

こんなに好評なイラストを、これだけに使うのはもったいない!との思いから
長4封筒に印刷した商品を作ってみました。

それがこの「ご当地 封筒」!
0514_04.jpg

なぜかそれほど宣伝もしない内から口コミであちこちに広めていただけていて、
1日に50枚も売れる日があるほど。

こちらもOPEN記念価格で、1枚 @20円でお売りしていますが、
店頭分が無くなれば、内容に少し修正を入れて通常価格にいたします。

今ある分はいわゆる『試作品』なのでお安い、という事もあるのです。

意外と日常的に使える「土産」というのは少ない物。
これなら複数枚セットでお土産にしても、メッセージカードや小物を封入してプレゼントに使っても手軽ですよね。
この封筒を使ってちょっとしたふるさと自慢、始めてみませんか。

今、一番売れている物

0510_02.jpg
文字色紙で一番売れ行きが良いのは「色上質」。
上質紙」っていわゆる印刷物に使われる一番スタンダードな紙なんです。
その「上質紙」のカラーのものが「色上質紙」というわけです。
紙cafeの親会社であるホウユウ株式会社(→印刷会社です)にとっては

一番「なんでもない」紙

だったのですが、意外や意外!本当に沢山売れました。

今はOPEN記念価格で、
A4 50枚セット @50円でお売りしています。
0510_01.jpg

これが無くなったら通常価格になりますので、
ぜひ! お早めにお求め下さいね。

いただきました。


開店記念にすてきな物をいただきました!

0508_02.jpg

Laut Style さんお手製のプレート(小看板)です。

お店の内装に合わせて、木目の目立つ古い木の味を出していただいたとか。
暖かい味わいが出ていて本当にいい感じです。

0508_03.jpg
現在はピアノの上に鎮座中。

もう少ししたらふさわしいところにお引っ越し予定です。

5月6日 紙カフェOPEN!!

kami-cafe_iriguchi

連休最後の日に こっそり オープンいたしました

cafe produced by TOUR DE SAKAI」。

なぜ「こっそり」かと言いますと、あまり商品が揃っていないのと、
カフェ運営そのものが「初めて」づくしで、きっとスタッフが
いろいろ「やらかす」事が予想されたからです・・・

案の定足りないところだらけで、
お客様にも沢山のご意見をいただきました。

が・・・

雷も鳴りまくるおかしなな天候にもかかわらず、多くのお客様にお越しいただき、
コーヒーとランチを楽しんでいただくことが出来ました!
その上雑貨や紙の売り上げも上々。
お越しいただいたお客様、本当にありがとうございました。

kami-cafe_tennai
店内写真です。


kami-cafe_tennai02
お祝いのお花たち。これだけ見てるとお花屋さんのようです。


 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。